2010年03月27日

空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)

 25日午後5時15分頃、愛知県豊山町の県営名古屋空港で、空自小牧基地の救難機が緊急着陸した。乗員4人にけがはなかった。

 名古屋空港は7分間閉鎖されたが、ダイヤに影響はなかった。

 緊急着陸したのは、入間基地(埼玉県狭山市)から、同空港に向かっていた救難機「U―125A」。主翼後部の補助揚力装置が使用できなくなったという。空自で原因を調べている。

救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
<殺人未遂>看護師を再逮捕へ 高濃度インスリン投与の疑い(毎日新聞)
重傷の近大生が卒業=福知山線事故の経験訴え出版も−大阪(時事通信)
村田元駐米大使が死去…密約引き継ぎ明らかに(読売新聞)
介護施設「利用者本位のサービス提供を」−日医委員会(医療介護CBニュース)
posted by マツキ トシアキ at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。